トピックス

【仕事×心理】『七夕』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【仕事×心理】『七夕』

From: 的場つよし

つよしです。

この歳になると相談されることの方が多くなります。

恋愛相談もあったりします。

この手の話で私に相談してスッキリする人は、ほぼほぼ決めている人の場合が多いです。

さて、本題。

七夕、イメージは、願い、恋愛、デート、何れにしても、ハッピーエンドというより、あともう少し・・・という「モヤっと感」が先行している感じがあります。

私が歪んでいるせい?

七夕と言えば、織姫さんと彦星さんのくだりってことで、恋愛ネタ。

恋愛だからこそ、「心理」って大切。

人の気持ちを察することは仕事でもすごく大切です。

私が受ける相談、第1位、「長続きしない」。

で聞いてみると、ある傾向が見て取れます。

何か?「素直じゃない」「好き」なのに「好き」って言えない。

これならまだ可愛い。

面倒な人になると「好き」と言えないもどかしさを「皮肉」に変換して伝えたりしてしまう。

「男性は、単純(素直・わかりやすい)な人が好き」

「微妙な駆け引きが好きな人なんて、ほんの少数」

「彼が私のこと好きがどうかわからないのに、自分から言えない・・・。」

この手の女性が多い。

損な生き方だと思います。

確認する簡単なステップは、自分から好きと伝えること。

「断られたら・・・。」

ああ、もう面倒臭い。

そんなに怖いなら、答えを聞かなければ、振られることはありません。

「あなたのことが、好き」と伝えるだけ。

その後に、「で、どうなの?」って頭を下げて握手を待つから、辛い時間が長くなるんです。

相手の心に種を蒔く。

目がなければ間違った場所に種まきしたから、育たない。

間違ってなければ、いつか目が出て育つはず。

そんなに長く待ったのなら、もうちょっとくらい、ねぇ。

話を戻します。

「寂しい」なんて言えない。

かなり損しています。

一般的な男性は「寂しかったから、ギュッとして」と素直にいう女性の方が、絶対に可愛く思うはず。

可愛く伝わる小さな「素直さ」が「愛」として伝わりやすくなるのです。

さぁ、あなたは、素直ですか?

-的場つよし
現場での問題解決にこだわり続けてきた ビジネス心理学のスペシャリスト的場つよしが贈る 即実践できる実証済みのノウハウを期間限定でプレゼント中

ニュースレターにご登録ください。

あなたのビジネスや人間関係を成功に導くお役立ち情報や「ハートデザインラボ」の更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。

*メールアドレス

関連記事