トピックス

【心理×仕事】『上司の緊急の対応力』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【心理×仕事】『上司の緊急の対応力』

From: 的場つよし

つよしです。

部下が、ことの重大さや緊急性を理解せず、イライラするような場面を経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はそんな時も、その部下が男性スタッフか女性スタッフかによって対応を変えた方がいいことをご存知の方は少ないかもしれません。

男性スタッフには、インパクト重視での対応が効を奏します。

少し「怒鳴り気味」で伝えた方が、響きやすいです。

しかし、女性スタッフには、「怒鳴る」は厳禁です。

怒鳴られてしまうと、こころがシャットアウトし、「内容は入らず、嫌な感情(この人なんか怖い)だけが残ってしまいます。」

緊急時こそ、穏やかに伝える方が女性には伝わります。

男性は、「逆」。

穏やかに言うと、優先順位が下がります。

ただし、女性の場合、穏やかに言う場合でも注意が必要です。

女性は、小言が嫌いです。

なら、どうすれば小言にならないのか?

それは長さです。

1分程度を目安にしてください。

それを超えると小言と認識されるケースが増えます。

さぁ、あなたは、スタッフによって伝え方を変えていますか?

-的場つよし
現場での問題解決にこだわり続けてきた ビジネス心理学のスペシャリスト的場つよしが贈る 即実践できる実証済みのノウハウを期間限定でプレゼント中

ニュースレターにご登録ください。

あなたのビジネスや人間関係を成功に導くお役立ち情報や「ハートデザインラボ」の更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。

*メールアドレス

関連記事