トピックス

【仕事×心理】『ある意味結果は正しい』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【仕事×心理】『ある意味結果は正しい』

From: 的場つよし

つよしです。

昨日は、とてもリラックスした状態で、お話を聞く事ができました。

もちろん、お客様との時間も楽しいのですが。

そこは、ね。

今日は、体をメンテしてやろうと思っています。

いつもの温泉へ。

さて、本題。

人気店になると一年後くらいに消えてしまうお店があります。

その理由を考えたときに、いつも同じ考えにたどり着きます。

それは、「感謝の気持ち」お客様への感謝の気持ち。

これがどんどん薄れていくようです。

すごい人気店になると、この感謝の気持ちが、どんどん薄れていって、お客(様)は来るのが「・・・・・」となってしまうのでしょうね。

さて、お分かりですよね。

ここに入るのは、そう!「当たり前」です。

ご存知の通り!「感謝の反対は、当たり前」

人はね、お客様という立場に立った途端に手にいれる能力があります。

それは、「スーパー観察眼」なんです。

普段は、ぼーとしてるのにお客さんというマントをかぶると、いきなり変身できるのです。

そして必殺技は「スーパーがん見光線」で、敵の「傲慢さ」を見抜いてしまいます!

業績不振の原因は、この「当たり前病」が原因のことが多いです。

ある意味「結果はいつも正しい」ことが多いものです。

さぁ、あなたは、お客様の「必殺技」に対応できそうですか?

-的場つよし
現場での問題解決にこだわり続けてきた ビジネス心理学のスペシャリスト的場つよしが贈る 即実践できる実証済みのノウハウを期間限定でプレゼント中

ニュースレターにご登録ください。

あなたのビジネスや人間関係を成功に導くお役立ち情報や「ハートデザインラボ」の更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。

*メールアドレス

関連記事