トピックス

【心理×仕事】『上司(リーダー)の腰骨』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【心理×仕事】『上司(リーダー)の腰骨』

From: 的場つよし

つよしです。

ここ、奈良の飛鳥でも桜がほぼ満開になりました。

とても美しく、心が豊かになりますね。

でも、私は、愛(目)でるより桜の下で飲みたい方ですけどね。

さて、本題。

上司が聞く姿勢のある人であればあるほど、会議などでは、多くの人が好き勝手言って紛糾し、混乱します。

そんな時に、骨のない上司は、多数決に逃げ込みます。

リーダーの決断は、多数決ではありません。

もし、それでいいなら、そもそもリーダーなんていりません。

多数決に持ち込む時の心理は、どっちに転んでもいい、もしくは、決めたい方向に形勢が傾いていると感じている、そんな時なんです。

賛成してくれる数が少なくても、納得させられる「想いと論と熱意と人徳」があるリーダー、(結局、あなたが言うなら)を目指したいですね。

そこが、リーダーとしての「腰骨」だと思います。

さぁ、あなたは、本当にいいと思えることを、多数決に頼らず、押す「腰骨」がありますか?

-的場つよし
現場での問題解決にこだわり続けてきた ビジネス心理学のスペシャリスト的場つよしが贈る 即実践できる実証済みのノウハウを期間限定でプレゼント中

ニュースレターにご登録ください。

あなたのビジネスや人間関係を成功に導くお役立ち情報や「ハートデザインラボ」の更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。

*メールアドレス

関連記事